当社の専務が日頃の勤務で感じたことや、エピソードを書きつづります。

ランキング

先週末から雨が降り続く長崎です。
しかもこの肌寒さったら・・・。
前回は暑さに文句を言っていたのがウソみたいです。
・・・、もう身体がついていきません・・・。

さて今回は久しぶりにスポーツの話題を。
地域に関する話題が続きましたからね・・・(笑)

昨日FIFAの最新ランキングが発表されました。
わが日本代表チームは前回から4つ下がって全体の44位、
アジアではイラン・オーストラリアに次いで3番手ということでした。
まぁ、直近2試合の結果を見れば当然のことでしょう。

この結果によって来年のワールドカップのグループリーグ分けでは
最下層グループのポット4に入ることが濃厚となりました。
現時点の出場国で日本をランクで下回るチームが、
パナマ・サウジ・韓国とアフリカC組の4ヶ国しかいませんので
これまた極めて当たり前のことだと思います。

元々それぐらいのレベル(ランキング)でしかないのに
今更「死のグループに入る可能性が高くなった」とか、
「日本がグループリーグを突破する可能性が極めて低くなった」とか
マスコミが騒ぎだすのはいかがなものでしょうか。
私にとっては明らかに想定の範囲なのですが・・・。

過去の大会を顧みると2014年はコートジボワール・ギリシャ・コロンビア。
2010年はカメルーン・オランダ・デンマーク。
2006年はオーストラリア・クロアチア・ブラジル。
2002年はベルギー・ロシア・チュニジア。
1998年はアルゼンチン・クロアチア・ジャマイカでした。
どちらかというと最低1国が強豪国であとは中堅国という感じでした。
せっかくの『世界大会』なのにですね・・・。

それよりも今噂されている最低でも強豪国2チームと当る組合せの方が
個人的にはめちゃくちゃそそられるものがあります。
特に今大会は私の好きなオランダ・チリ・アメリカといった中堅国が
ことごとく敗退していっているのもありますしね。

サッカー観戦の醍醐味の一つに、
弱小チームが各上のチームを破る『ジャイアント・キリング』が挙げられます。
今回それを体現できるチャンスに恵まれたと考えるべきだと思います。
まぁ、それには並々ならぬ分析力と準備が必要でしょうが。

まずはその試金石となる来月のヨーロッパ遠征。
ポット1に入る予定のブラジルとベルギーがその相手となります。
どうか単なる強化試合ではなく本大会に匹敵するような準備をして
強豪国相手に一泡吹かせてほしいものです。
ハリルホジッチ監督の『奇術師』ぶりに期待しておきます。

実は泡吹いて卒倒するのが私だったりして・・・(笑)




スポンサーサイト
[ 2017/10/17 18:11 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)

つながる②

ここ長崎は秋の大祭『くんち』も無事に終了し
やっと季節の移ろいを感じられるようになりました・・・・・・・ってオイッ!
なんなんですかこの暑さはっ!

今年のくんちに関わった方々も、
本番三日間の強烈な暑さにさぞマイられたことでしょう。
まぁ、それでも雨に見舞われるよりはマシでしょうかね。

さて直近二回の私の拙い投稿に対して、
思いがけずたくさんの拍手を頂戴しいささか恐縮しております。
ご覧になった皆さまも同じ想いだったということで少し嬉しく思います。
それでも14日以降にはまた舞い戻ってくるのですよね、
あの忌々しい『インベーダー』たちは・・・(笑)

とまぁこれまで色んなことに否定的な内容だった当ブログも
今回からいつものペースに戻ることといたします。
特に今回は行政と上手くタッグを組んでいる話題について。

11月24日に史跡出島とわが町江戸町が、
歴史上本来の位置に設置された『出島表門橋』でつながる話題を
以前このブログでご紹介させていただきました。
今回はその続報をお届けします。

たった今11月24日に橋がつながるとお伝えしましたが、
その日はあくまでも市の公式行事が催されることとなっており
一般の方が通行できるのは翌25日(土)となります。

その25日に周辺地域を巻き込んだ色んなイベントが開催されます。
基本的にエリアは市の所有地である史跡出島や
(仮称)中島川公園(近々正式名称決定予定)近辺です。
そしてこの公園の在する地区がわが江戸町なので、
市から一部をお借りして様々な催しを企画している最中です。

まずはくんち奉納踊りの演しものである江戸町オランダ船の展示。
これは市の要望もあって24日の公式行事にも展示する予定です。
オランダ王室からお見えになるというVIPの方々に
三色旗はためくロイヤルブルーの船をご覧いただいて
少しでも日蘭交流の懸け橋として喜んでいただければ幸いに存じます。

そして肝心の25日当日には、
もっと市民や観光客の方々にわが江戸町の歴史やお店を知っていただこうと
『江戸町さるく』というスタンプラリーを企画しております。
そしてこのスタンプラリーに参加いただくと、
この日にしか入手できない缶バッジをもれなくお配りする予定です。

江戸町がオランダ商館から贈られた唯一無二の町章である
『タコノマクラ』を真ん中に施した試作品はこんな感じです。
江戸町缶バッジ
どうです、可愛いでしょ!
ちなみに私の好みは上の段の真ん中です。
なんと言っても赤白青のオランダカラーですからね(笑)

そしてスタンプラリーでゴールしていただいた方には
抽選の上江戸町商店街や近隣のお店で使用できる商品券や
文明堂さん提供のオリジナル三笠山(どら焼き)等が当たります。
三笠山(タコノマクラ)
これも『タコノマクラ』の焼き印入りです!
今回どこまでも推してきますねぇ・・・(笑)

更に文明堂さんには熟練の職人さんによる
焼き立てカステラの切り分けショーを行っていただきます。
これはなかなか見られるものではないですし
もしかするとご厚意による振る舞いカステラになるかもしれませんよ。
これは「行かねばだ!」ですね。

また今回は特別に県庁の敷地を一部開放していただき、
スタンプラリー参加者は県庁坂と出島前を縦断することができます。
これまたもしかすると史跡出島と表門橋とオランダ船を
上手に撮影できるフォトスポットがあるかもしれませんよ。
これはココだけの秘密(笑)にしておきます。

どうです、これだけ記しただけでも面白そうなイベントでしょ。
どうか町と行政のコラボレーションによって生み出される
この楽しそうなイベントに是非ご参加くださいませ。

時節的に、11月25日・・・・・・・・・・・・・・・。
その日はお天気で少し暖かい方が良いなぁ・・・(笑)




[ 2017/10/11 18:11 ] 地域情報 | TB(0) | CM(0)

invasion2

10月になりました。
週明けの長崎も雨でスタートです。
どうか次の週末に晴れてもらうための露払いであってほしいものです。

さて今回も前回と同じ話題で恐縮です。
ただ前回は少し感情的になりすぎましたので
少し冷静になって『ニット・インベーダー in 長崎』というイベントの
問題点を私なりに洗い出したいと思います。

【場所の問題】
今回このイベントが展開されている地域は、
長崎市が『中島川・寺町地区景観形成重点地区』に制定しているエリアです。
まちの景観を維持するために色んな制限が設けられております。

特にその『まちすじ』や『まちかど』については、
「歴史的雰囲気に調和した」と明記されております。
またご丁寧に建物や外壁の色まである程度指定されております。
詳しくはこちらの概要をご確認ください。

翻って今回のイベントの色調や素材たるや如何なものでしょうか。
これを『アート』の一言で済ませてしまってもよいのでしょうか。
景観を指導する立場である自治体のモラルを疑ってしまいます。

【時期の問題】
この10月はここ長崎にとってとても大事な時期です。
市内中心部が厳かで賑やかな雰囲気に包まれる
神事でもある秋の大祭『長崎くんち』が開催されるからです。

祭の時期はその地域が『日常』から『非日常』に一変します。
きっと今回のアートイベントの趣旨にも、
「日常の風景を一変させる」という目的があったことでしょう。
しかし祭の場合は歴史的にも裏付けされた伝統的な『非日常』です。
それに対して何の裏付けもない『非日常』をぶつけられても違和感しか生じません。

しかも長崎くんちの『お上り』という最終日の行事の際に
お神輿に担がれたご神体がこのエリアをお通りになられます。
その神様方もビビッドでケバケバしい景色にさぞ驚かれることでしょう。

なぜこの時期にこのイベントを企画してしまったのでしょうか。
タイミングの悪さにも程があると思います。

【観光の問題】
この秋に私は社用も兼ねて京都と奈良を旅する予定です。
今まで行ったことのない神社仏閣を訪れたり、
本や写真でしか見たことがない実物の仏像を目にすることを考えると
行く前からとてもワクワクしてきます。

「その土地を訪ねて本物や実物を直接体験すること」
それこそが旅の醍醐味だと私は考えます。

しかし可哀想にもこの時期に長崎を訪れた観光客の方々は、
このイベントのせいで本物や実物を目にすることができません。
訳のわからないものに浸食された風景しか拝めないのです。
もしかしたら一生に一度の長崎訪問かもしれないのに・・・。

もし私が京都や奈良の古い町並みを歩いているときに
このような光景を目にしたとしたら怒りと悲しみに包まれることでしょう。
「なぜこのタイミングで!」と。

「おもてなしの心で訪れた方をお迎えしましょう」という首長の台詞が
秋の空にむなしく響きます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

今回の件でSNS上では賛否両論が巻き起こっております。
どちらかというと『非』の意見の方が圧倒しているように見受けられます。

それでもこの騒動の張本人でもある自治体は粛々と事業を継続するようです。
この街には「立ち止まって物事を考え直す」というスタンスが皆無であると
今回の件で改めて痛感させられました。

民間では『方針変更』や『軌道修正』なんて日常茶飯事なのにですね。
むしろそれをやらないと破綻を招いてしまうというのに・・・。

私は会社の『公式ブログ』という場を借りて今回の意見を述べました。
もしこの意見を共有してくださる方がおられましたら、
どうぞSNS上にリンクを貼って下さったり転記いただいても構いません。
逃げも隠れも致しませんので。

私たちの住む『マチ』がより良い『マチ』になる事を心から願っております。




[ 2017/10/02 17:31 ] 地域情報 | TB(0) | CM(0)

invasion

今日の長崎は一日中雨となりました。
「一雨ごとに・・・」と言ってる前に、
10日以上も日を空けると一気に季節が替わってしまいました。
「暑さ寒さも何とやら・・・」ですもんね。

さて今回は最近の街の気になる話題(問題?)について。

自分で言うのもなんですが、
私は比較的ユーモアのわかる方だと思います。
どちらかというとブラックジョークにも寛容な方でしょう。

しかし今長崎市内で展開されているコレについては
そんな私をもってしても全くもって理解が及びません。
題して『ニット・インベーダー in 長崎』。
文字通り長崎の古い街並みが『浸食』されていっております。

最初に気付いたのはこの前の日曜日、
お彼岸に際して家族でお墓参りに行ったときです。
寺町にある菩提寺に行ったらこんなことになってました。
皓台寺階段
お寺に上がる階段手摺や石塔の擬宝珠がこんな風に。

そして山門をくぐろうとしたら・・・、
皓台寺山門
この有様ですよ。

最初は趣味の悪いイタズラかと思っていました。
しかし妻が調べてくれると、
これが長崎市主催のアートプロジェクトだということが判明しました。
それを知ってもう、愕然としましたよ。

それから中島川界隈の石橋群を回ってみるとこんな感じでした。
眼鏡橋

石橋群1

石橋群2
ご丁寧に制作活動中の方もおられましたよ。

ちなみにこれらの画像は妻が撮影したものを拝借しました。
写真を撮ってて周りの方に「興味がある」と思われるの癪でしたし。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

市が指定する『景観形成重点地区』もこれじゃぁ台無しですよ。
これから長崎は秋の大祭が始まるというのに・・・。

100歩譲ってコレを『芸術』と呼ぶのならば仕方ありません。
私にセンスがないということなのでしょう。

しかし場所と時期だけはどうしても納得できません。
私の好きな長崎の街が「浸食されている」としか思えないのです。
これが許されるのならば街を彩る落書きの方がまだましです。

今からでも遅くありません。
どうか秋の大祭の期間だけは撤去を望みます。

あんまりこんな否定的なことは当ブログには書きたくありませんでした。
しかし今回は我慢の限界を超えてしまったのです。
市のサイトにアップされたアーティストの方のはっちゃけ具合が
私の心のなかに燻っていた火に油を注いだのかもしれません。
不快な思いをされた方には心よりお詫び申し上げます。

最後にお口直しを。

ウチの娘がこの前テレビを観ながら、
演歌歌手の『天童よしみ』さんのことをこう呼びました。
『あまわっぱよしみ』!

これぐらいのユーモアが私は大好物です!(笑)




[ 2017/09/27 18:12 ] 地域情報 | TB(0) | CM(0)

アラート

今朝は7時過ぎの『Jアラート』に驚かされました。
全くもって「なんだかなぁ」です。

そして明日以降の心配事がまた一つ。
強い勢力を保ったまま日本を目指し始めた台風18号です。

予想進路の北側を進めばここ長崎にも大きな影響を及ぼしそうです。
毎度のことではありますが、
専門業者として被害防止のアドバイスを再掲させていただきます。

特に今回はお仕事がお休みに入る方も多いと思われます。
どうかご自宅だけではなく事業所周りも帰る前にご確認ください。
広告用のや立て看板やのぼり等を特にですね。

1、外にある飛びそうなもの倒れそうなものを
  室内にしまってください。(植木鉢等含む)
2、重たくて室内に運べないものは、
  横に倒すか1ヶ所に集めて固縛してください。
3、シャッター・雨戸をお持ちの方は必ず閉めてください。
4、窓・扉は必ず閉めて、
  クレセント・鍵をしっかりかけてください。
5、薄いガラス・現在ヒビが入っているガラスには、
  布製ガムテープを貼ってください。

また台風通過中には、
1、開き戸・窓(弧を描きながら開閉する扉・窓)は、
  絶対に開けないでください。
2、安易に外に出ないでください。

とにかく1枚も割れさせないことが肝心です。
皆さま方のご安全を心よりお祈り申し上げます。




[ 2017/09/15 15:59 ] 仕事 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

川添硝子

Author:川添硝子
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム