当社の専務が日頃の勤務で感じたことや、エピソードを書きつづります。

ライブレポ①

今日の長崎は一日中強い雨に見舞われました。
午前中は風も強かったので車の乗り降りだけでずぶ濡れです。
先週末のお天気が良かった分そのしわ寄せでしょうかね。
しかしこれで新緑の勢いが増すことでしょう。
樹木たちに生気を吸い取られないように注意しておきます(笑)

さて以前少しだけお伝えしておりましたが、
4月から6月にかけて私はライブ参戦三昧でございます。
日頃の行いが良いからか、
なぜか申し込んだチケットがことごとくとれるんですよねぇ(笑)

個人的に今回一連のライブ参戦ツアーは、
勝手に『Re-AIRJAM2016 TOUR』と名付けております。
当時奇跡的に参戦することができた『AIRJAM2016』に
出ていたバンドのライブがたまたま続くからです。

そしてタイミングよく今年は千葉で
AIRJAM2018』が開催されると発表されましたしね。
まぁ、便乗商法ですよ(笑)

というわけで今回は去る20日に『DRUM-Be7』で開催された、
『10-FEET』の『''Fin''TOUR』についてです。
オールスタンディングのライブハウスに中2の娘と参戦ですよ!
いやぁ、キツかったけど楽しかった!

しかも今回は『HEY-SMITH』との対バンツアー。
これまたAIRJAM参戦組なので更に得した気分になりました。

まずは『HEY-SMITH』。
いやぁ、激しかったですよ。
ほぼノンストップでアップテンポの連続でしたので
最後の方は倒れるかと思いました(笑)

やっぱりホーンが入るとカッコいいですね。
特に小さな身体でステージを跳ね回るトロンボーンの『かなす』ちゃん。
その弾けるパワーに圧倒されてしまいました。
そのおかげで定番曲の『2nd Youth』や、
比較的新しい『Let It Punk』などは最高に盛り上がれました。

ラストまで全速力で駆け抜けて一旦小休止。
直後に娘は耐えきれずドリンクコーナーに水を取りに走ります。
私は場所をキープするためにひたすら我慢です。
フロア段差のすぐ上だったのでステージが良く見える高位置だったのです。
「ここは離してなるもんか」と(笑)

そしてステージセッティングが30分ほどあったのち、
テーマ曲の『そして伝説へ』に乗って『10-FEET』の3人が登場です。
もう会場は一気にヒートアップですよ!

今回はアルバムタイトルツアーだったので、
娘と一緒にしっかり予習ができておりました。

おかげでアルバム曲にはしっかり対応できましたし、
『River』や『goes on』などの定番曲にはもちろんのこと、
『MONKEY』や『2%』などの昔懐かしい曲にも反応できました。

また序盤で「今回はアンコールをやらない」と宣言しておりましたので、
全20曲にパワーを余すことなく対応できたと思います。
たまにスローな曲の時に体力を温存しながらですね(笑)

「常に過去最高のライブを更新していきたい」というタクマの言葉通り
熱く激しく楽しいサイコーのライブでした。
やっぱり私たち親子にとって『10-FEET』は間違いありません。

そんな中でも今回私が一番うれしかったのは、
隣にいた娘の汗に輝く満面の笑顔を見られたことです。
こんなに弾けた笑顔を見られたのは実に久しぶりでした。
彼女の青春の思い出の一つに少し貢献できたでしょうかね。

そして帰りの車の中で彼女は爆睡。
その時カーオーディオのシャッフル機能で流れてきた曲が
『10-FEET』の『ヒトリセカイ』。
・・・、思わず涙一滴ですよ・・・(笑)

ということでこのライブレポートは第2弾、第3弾と続きます。
次は連休中の福岡!
乞うご期待!





スポンサーサイト
[ 2018/04/24 18:23 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

野球小僧

昨日、今日と長崎は爽やかな快晴となりました。
天気予報によればこのお天気は週末まで続きそうです。
もう少し経てばマスクをはずしてもよさそうな感じです。
もう少し、あと少しですね(苦笑)

さて今回も野球に関する話題を。
なんかサッカーに心が動かなくてですね・・・。
ワールドカップまで2ヶ月を切ったというのに・・・。

さてさて大谷選手の3回目の登板は先頭打者本塁打に始まり
その後もボールの行方が定まらず2回3失点という結果に終わりました。
3戦目にしてメジャーの洗礼を浴びた感じです。

それでも右手中指のマメを潰すというアクシデントの末ですから
ある意味仕方ないと思います。

それよりも155kmの低めの速球をすくい上げて
左中間に運んだ先頭打者のベッツ選手を褒めるべきだと思います。
あの打球ならボストンのグリーンモンスターも越されていたことでしょう。

また前のゲームで決め球になっていたスプリットが、
あれだけワンバウンドですっぽ抜けてたら捕手も大変です。
きっと彼がしょっちゅう手に息を吹きかけていたのは、
乾燥してボールが滑ったからでしょう。
これからも湿度との戦いが続きそうですね。

それにしても私が心から残念に思うのは全く別の面です。

本来彼は現地時間15日の日曜日に登板予定でした。
それなのに敵地カンザスシティを襲った寒波のせいで
メジャーでは滅多なことではありえない中止になってしまいました。
一年に一度の大事なゲームだったのに・・・。

その日はブルックリン・ドジャースでメジャー初の黒人選手として活躍した
ジャッキー・ロビンソン選手を称える『ロビンソン・デー』だったのです。

その日のゲームでは出場選手全員が
ロビンソン選手がつけていた背番号『42』を背負ってプレーします。
もちろん大谷選手も『17』ではなく『42』をつけるはずでした。

自他ともに『野球小僧』と認める彼のことですから
それをとても楽しみにしていたはずです。
楽しみにしていた分恐らく軽いショックを受けたことでしょう。
少なからずそのショックが昨日の投球に影響したかもしれませんね。

できれば来年以降もそのチャンスに恵まれてほしいと思います。
あっ、彼は二刀流だから打者としての出場機会がありますね。
なんと言っても『野球小僧』である以上、
着るだけではなくてフィールドでプレーをしたいでしょうしね(笑)

『野球小僧』・・・・・・・・・・。

真っ先に思い浮かべるのは昨年福岡に戻ってきた川崎宗徳選手。

憧れのプレーヤーを追ってまで海を渡ったぐらい純粋な選手です。
そう、愚直なまでに純粋な。

そんな彼が今シーズンはフィールドに居ません。

きっとチームのムードメーカーとして否応なく演じさせられてきた
『ムネリン』という仮面に心身ともに疲れ果ててしまったのでしょう。

「引退ではなく好きな野球と距離を置く」という彼の言葉が胸に沁みます。

もう戻れないのでしょうか、
川崎宗徳選手
こんな笑顔で純粋にプレーできる環境の下に。




[ 2018/04/19 17:49 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)

激震!

いやぁ、先週末は見事なまでの『寒の戻り』でしたね。
おかげで喉の調子が悪いままで一向に回復の兆しがありません。
のど飴の消費量だけが上がる一方ですよ(苦笑)

さて今日は朝から様々な『激震』が列島を駆け巡りました。

まずは今朝未明に島根地方を襲った震度5強の地震。
寝床の中でのこの強震はたまりませんよね。
被害に遭われた方々に対して謹んでお見舞い申し上げます。

もはやいつどこで強い地震が発生するかは見当もつきません。
もしそれが起こった時に慌てずどのように行動するかだけは、
常に頭の中で考えておかねばなりませんね。
そう言いながら実際はめちゃくちゃ慌てるんでしょうね・・・。

続いてメジャーリーグ。
『大谷センセーション』が留まるところを知りません。

まずは土曜日に出た3戦連発の中越え本塁打。
今回は真芯でとらえた打球だったのでかなり飛距離も出ました。
しかもこの1発が呼び水となってチームは大逆転勝利です。
もはや「凄い」以外の言葉が見つからない状況です。

そして今朝の快投。
6回までは完全試合ですよ。
更に7回まで投げて被安打1で奪三振は12。
もう凄すぎて怖さを感じるぐらいですね。

現時点で投手として2勝、打者として3本塁打。
投打にわたる立派なチームの柱です。
この結果を誰が予想できたでしょうか。
これではベーブ・ルースを引合いに出されても誰も文句を言えません。

いやぁ、心躍りますっ!

一方でサッカーの日本代表。
ついにハリルホジッチ監督が解任されてしまいました。
大会まで2ヶ月となったこのタイミングで。

本番に強い監督だっただけに実に惜しまれます。

それにしてもこの3年間は一体何だったのでしょうか。

もし監督を替えるにしてもタイミングが悪すぎます。
この状況で誰に火中の栗を拾わせるというのでしょうか。
今からどうやって本大会で戦う準備をするというのでしょうか。

もう中途半端に日本人監督に過大な負担を負わせるよりは
『劇薬投入』に賭けるしか道はないと私は考えます。

何度もこの場でその名前を出してきた、
稀代の戦術家と知られ変人でもある『マルセロ・ビエルサ』。

幸いにも現時点でフリーなようです。
比較的今のチームの戦術と合致しそうな気もします。
あとは選手たちがどれだけ運動量を保てるかだけだと思います。

これがアップされる頃には新しい監督が発表されているのでしょうね。
N野氏かTG森氏あたりかなぁ・・・。

もう誰が監督になろうと待ったなしです。
端っからグループリーグ突破をあきらめざるを得ないような
最悪の状況だけは避けてほしいです。

ここまで来たら別な意味での『激震』に期待しましょうかね(笑)






[ 2018/04/09 18:10 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)

Aaaaaamazing!

いつから続いていたのかも忘れるぐらいの晴天も、
やっと今日で一段落のようです。
新芽を伸ばしたい草木たちもさぞ喉が渇いていることでしょうね。
一息入れて『恵みの雨』と考えるようにいたしましょう。

さて今回はこの話題しかありません。
メジャーリーグでの大谷翔平選手の衝撃デビューについてです。

過去にこのブログでは彼のプレーぶりに賛辞を贈り続けてきました。
特に2016年の秋口は私が完全に洗脳されております。
詳しくは以下のアーカイブでご確認ください。
二刀流礼賛』 『風格』 『潮目

そんな私にとっても今回の彼の大活躍は予想を遥かに上回るものでした。

前回のブログで少しだけ記した投手としての初登板初勝利に続き
昨日の本拠地デビュー戦の初打席で3点本塁打、
続く今朝のゲームでも2戦連発で同点本塁打を放ったのです。
これを「Aaaaaamazing!」と叫ぶなというのが難しいぐらいです。

しかもその本塁打の質がまたイカしています。
1本目は満塁で打席に立ち相手投手の暴投で先取点が入った直後です。
暴投が気になって低めに変化球は来ないだろうと予測して
今季からノーステップ打法に切替えた彼は甘いカーブを待ちます。
そしてズドン。

あわよくば満塁本塁打の可能性もあったのでしょうが、
見方を替えれば暴投が伏線になっていたとも言えます。
肩に力が入る場面でも冷静でいられる彼の精神力に脱帽です。

そして今日の2本目。
そこまでセーフティーバント安打1本に抑え込んでいた
昨季のサイヤング賞投手クルーバー選手から
二死二塁の場面でセンターオーバーの会心の一撃を放つなんて!
しかもその一発がチームを救い結果的に延長戦で勝利を呼び込むなんて!
もう『出木杉くん』にも程がありますよ!(笑)

いやぁ、実にすばらしい。
ほとんどスポーツに興味のない妻が話題にするくらいです(笑)

過去にもメジャーで衝撃デビューを飾った日本人打者は数多くいます。
例えば松井秀樹選手。
彼は本拠地ヤンキースタジアムのデビュー戦で満塁本塁打を放ちました。
または松井稼頭央選手。
彼は開幕戦の初打席の初球を見事にとらえ先頭打者本塁打を放ちました。
そして城島健二選手。
彼もサイヤング賞投手のバートロ・コロン投手と対したメジャー2打席目に、
右打者の右翼方向への柵越えは難しいと言われるセーフコフィールドで
メジャー初安打となる本塁打を放ちました。

それら先達の華々しいデビューにも勝るとも劣らない今回の衝撃ですよ。
しかも何度も言いますが彼の場合は『二刀流』ですからね。
これまでのメジャーの常識を覆す破格ぶりだと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・。

これからの長い野球人生、上手くいかない時もきっと巡ってくるでしょう。
そんな時でも持ち前の天真爛漫な性格と、
「野球が好きで好きでたまらない」というポジティヴな考え方で
なんとかその難局を乗り切ってほしいものです。

今後も地味に『大谷翔平ウォッチャー』を続ける所存です。
次は投手としてイチロー選手との対決を楽しみにしたいと思います。
その際は本気で『西海岸弾丸ツアー』を考えないと・・・(笑)

さてさて今週末(日本時間週明け)には、
日本人アスリート系エンターテイナーによる
1大イベント出場の快挙も予定されております。
少し毛色は違いますが(笑)それはそれで楽しみだなぁ・・・。




[ 2018/04/05 18:16 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)

卯月覚書

4月になりました。
平成30年度のスタートです。

しかし来年の4月は1ヶ月だけの平成31年度になるのでしょうか、
それとも新元号年度になるのでしょうか。
なんか微妙な1ヶ月になりそうですね(笑)

さて今回は最近のネタを覚書風にお送りします。

【センバツ】
長崎代表の創成館高校は惜しかったですね。
あの智弁和歌山に一泡吹かす寸前だったのにですね。
結果的に9回も10回も二死からの四球が致命的でした。
投手4人を揃えてはおりましたが、
最終的には柱となるエースがいなかったということでしょうか。
夏を楽しみにしておきたいと思います。

【MLB】
まずはイチロー選手。
オープン戦終盤での足の違和感が心配されましたが、
開幕以降攻守ともに溌剌としたプレーを見せております。
特に昨日の『ホームランキャッチ』はお見事でした。
ホントにシアトルに帰ってこられて良かったですね。
できれば最後の雄姿を生で観戦してみたいなぁ・・・。

一方では大谷選手。
今日の投手としての初先発で見事に結果を残しました。
勝ち投手になること自体素晴らしいのですが、
普通にメジャーで二刀流を演じていることが凄いことだと思います。
どこまでこの起用法を続けられるかわかりませんが、
ケガにだけは注意して存分に暴れまくってほしいですね。

【映画】
鑑賞フリーパスの期限があと2週間となりましたので、
昨夜食事の後に慌てて映画館に走りましたよ(笑)
観たのはコチラ、
ペンタゴン・ペーパーズ(最高機密文書)』です。

なんと言ってもメガホンを取ったのがスピルバーグ監督でしたし、
メリル・ストリープとトム・ハンクスが揃い踏みともなれば重みが違います。
物語が一件落着と見せかけて、
そのあとにもっと凄いネタをぶっ込んでくるところなんてさすがです。
当時と今の大統領が同じ政党であることも意味深ですねぇ。
いやぁ面白かった!

この勢いでなんとか残り2週間であと2本ぐらいは・・・(笑)

【値上げ】
この4月からガラスメーカーが一斉に値上げを実施します。
しかもガラスだけではなく副資材や金物関係も同じくです。
つきましては断腸の思いですが弊社も追随せざるを得ません。
総じて平均10%程度の価格変更となります。
何卒事情をご理解いただきたいと存じます。

詳しくは各営業担当者からご説明に上がる予定です。
ご理解とご協力をお願い申し上げます。

「しれっとこんなところで告知するな」と言われそうですね・・・。




[ 2018/04/02 18:05 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

川添硝子

Author:川添硝子
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム