FC2ブログ
当社の専務が日頃の勤務で感じたことや、エピソードを書きつづります。

機会喪失

まだまだ昼間は汗ばむ陽気の長崎です。

この週末は予報通り雨模様だったので、
娘の体育祭は昨日の月曜日に開催されました。
というわけで残念ながら今年は、
娘の雄姿を拝むことはできませんでした。
まぁ、こればっかりは仕方ありませんよね・・・。

それでも妻の話しによると結構父兄の方が見えてたらしいです。
皆さん、急遽お休みを取ったのかなぁ・・・。

さて前回お伝えしておりました恐怖の健康診断。
速報値によりますと、
身長は変わらず(当たり前!)、
体重も変わらず(ココは超重要)、
胴回りは1cm減!
視力は回復(右:1.2、左:1.0)
と、かなりの善戦だったと思います。

あとは検査の数値ですね。
楽しみにしておきます!

それでは今回は最近少し気になってることについて。

テレビやラジオのCMで各種コンサートの情報を見聞きするのですが、
どうも長崎市内の公演が減ってきているような感じがします。
特にホールコンサートですね。

私はライブハウスとかに行く場合が多いので
これまであまり気になっておりませんでしたが
FM長崎のホームページのコンサート情報を見て確信しました。
「長崎市はホールツアーの公演地として避けられているのではないか」と。

ほとんどのホールコンサートが長崎市以外の、
佐世保市や島原市での開催なのですよ。
長崎で開催されるのは『大物アーティスト』の高額なヤツだけです。

コレって『長崎公会堂』という丁度良い大きさの箱が
なくなったからではないでしょうか。
この「丁度良い大きさ」というのが思いのほか重要だったのだと思います。

ブリックホールだとデカすぎるし、
市民会館やチトセピアホールなら狭すぎるし(椅子も)・・・。
恐らく演者側にとって興行的に丁度良い大きさの器が、
今の長崎市にはないということなのでしょう。

個人的にはコレって大問題のような気がします。

解体前の公会堂存続問題においては
建物自体の価値を論じることが重要だったのでしょうが、
市民の音楽や演劇に触れる機会が失われてしまう可能性を
もっと議論すべきだったのではないかと今頃になって感じます。

交流人口を増やす施設も大事なのでしょうが、
市民の文化的欲求を満たす施設も同じくらい大事だと思います。
このままでは今の若い子たちはどんどん流出してしまいますよ。

きちんと公演数とかのデータを取った訳ではありませんので、
私の勘違いでしたら申し訳ございません。

まぁ、私はホールやアリーナよりも、
結果的にライブハウスやフェス派ですからね。
座って聴くよりも立って踊って聴く方が健康的でしょうし(笑)




スポンサーサイト
[ 2018/09/11 18:57 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

天と地と

少しずつ朝晩に季節の変わり目を感じられるようになりました。
そのせいか私の鼻と喉も変調をきたしております。
今朝なんかくしゃみ百連発です。
そんな状態なのに明日は年に一度の健康診断。
何もなければ良いのですが・・・。

・・・・・・・・・・・・。

防災週間にちなんだわけではないのでしょうが、
今週に入って日本列島を次々と自然災害が襲いました。

まずは関西地区を天から襲った台風21号。
強風と高潮による二重災害を引き起こしました。

強風に対しては事前に多少の備えもできるのでしょうが、
今回の高潮は津波に匹敵するものだと思います。

しかし視聴者投稿画像を拝見していると
あの気圧で上陸しているのにも関わらず、
結構皆さんが無防備なことに驚いてしまいました。

普通に繁華街をそぞろ歩いていたり
デリバリーピザの配達に出ていたり
車を車庫に入れていなかったり
シャッターを閉めていなかったり
バルコニーのものをそのままにしていたり・・・。

また建設現場でも台風養生をしてないので
足場が倒壊しているところもあったようです。
過去に同じような災害を経験していないと、
こんなにも無防備になってしまうのでしょうか。

こちらのブログでは毎回ではありませんが、
如何に強風被害を最小限に食い止めるかのアドバイス
微力ながらご提示させていただいております。

もしもの時には当ブログの存在を思い出してください。
SNS等への転載も大歓迎ですので。

そして本日未明に北海道地区を地から襲った大地震。
まだ被害の全容が明らかになっていないようです。

台風については事前の準備が多少はできますが、
地震に対してはどうしても無防備になってしまいます。
特に今回のような就寝中を襲うやつに対しては。

早く電気だけは復旧してほしいと切に願います。
7月に当地を襲った台風4号の際の2~3時間の停電だけでも
こちらはギャーギャー騒ぐぐらいでしたから。

ちなみに北海道在住の同級生に確認したら
停電以外の被害はなかったそうですが、
スタジアム観戦を楽しみにしていた明日のサッカーの代表戦が
中止になってがっかりしておりました。

また別の友人は社員旅行でたまたま北海道に滞在しております。
地震当時は知床にいたのでまったく揺れなかったそうですが
道内の空港が封鎖されているので足止めを喰らっているらしいです。
いつ帰ってこられるか見当もつかないとのことでした。

どちらも「まさか、このタイミングで・・・」って感じですよね・・・。

まずは被害に遭われた方々に対して心からお見舞い申し上げます。
そして一日も早い復旧を心から願っております。





[ 2018/09/06 18:08 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

カメラを止めるな!

9月になりました。
途端に今日は雨の一日です。
一般的には『恵みの雨』なのでしょうが個人的には・・・・・。
現場作業に影響が出てなければ良いのですが・・・。

というわけで今日は第一土曜日で出勤日です。
粛々と事務仕事に勤しんでおります。
まぁ、結局『恵みの一日』だったということで。

さて今回は久しぶりに映画館で観た作品の話題を。

やっと観ることができましたよ、
この夏全国で拡大上映中の色んな意味で話題の映画、
カメラを止めるな!』を。

新人監督&無名俳優&低予算ながら観た方々の評価が異常に高く、
「絶対にネタバレ禁止!」を強く謳うものですから
興味半分期待半分で事前に席を予約してまで行ってまいりました。

その結果として・・・。

・・・、まぁ面白かったです。
俳優陣が実に個性的でしたし
映画愛・家族愛を感じることもできましたし。

『ネタバレ禁止!』なのでここまでにしておきますが、
個人的には「爆笑の連続!」とまではならなかったです。
クスッと笑うぐらいでしょうか。

前の席の女性は結構爆笑しておられましたが、
コレは明らかにリピーターの方でしょうね。
コチラが笑う寸前に笑い始める感じでしたから。

まぁ、ある演劇作品のパクリ(モチーフにした?)とは言え
よく練られていたと思いますよ。
逆にコレが舞台でどういう風に演出されていたのかが
非常に気になりますがね(笑)

まぁ、『ネタバレ禁止!』の映画評は難しいですね。
もしご覧になった方がおられましたら是非感想をお聞かせください。
まだ誰とも話題の共有ができておりませんので。

さてさて今日はこれから会社を早上がりして
長崎地区専門工事業者の『若頭』の方の結婚披露宴に参列です。
・・・、恐らく激しい飲み会になるのでしょうね(笑)

雨が心配ですが用心して行ってまいります。
明日はおとなしく過ごせますように・・・(笑)



[ 2018/09/01 12:16 ] 趣味嗜好 | TB(0) | CM(0)

台風対策

酷暑の8月もあと少しです。
月が替われば少しは涼しくなるのでしょうか。
あてもない希望を持ち続けたいと思います。

さて今年は台風の当たり年のようです。
今も南海上には台風21号が不気味な動きを見せ始めております。

これまで強風被害によるガラス破損を避ける情報をお伝えしておりましたが
今回は仮に破損しても損害を最小限に食い止めるために
ガラスフィルムについてご提案させていただきます。

以下メーカー情報の転用です。

窓際の安全対策に!飛散防止フィルムのご案内
ガラスヒビ画像
ここ最近の様々な災害のなかで建物のガラスが割れることによって、
その被害がより大きくなるということがあります。
すでに各地で台風による被害がでていますが、
ガラスフィルムを活用することでガラスの飛散を低減し、
安全性を高めることができます。


台風でのガラスの危険性
強風画像
台風の際に何か飛来物がガラスに衝突することによる飛散・貫通があります。
たとえば台風の風でベランダの鉢植えが倒れ、窓ガラスが割れることがあります。
また人や風などの力で倒れた際にガラスにぶつかってしまうこともあります。

また先日のニュースであったように、
海沿いのホテルで波や何かがガラスに当たったことで飛散し、
窓近くの人がケガを負うケースも出てきています。

ガラスの破損状況
フィルム有無の差画像
上の画像を見ていただくとわかるように飛散防止フィルムを貼ることで、
ガラスが割れてもその破片はほとんど飛散せず、
また遠くまで飛び散らない効果があります

3Mの飛散防止フィルムは台風で窓ガラスが割れても、
破片の落下を低減し、窓の付近や真下の安全性を向上させることが可能です。

飛散防止フィルム:日本工業規格JIS A 5759:2016を満たすガラス飛散防止性能や、
            ガラス通貫防止性能を持つフィルムです。


またガラスフィルムには、
「日射遮蔽効果」・「視線制御効果」・「防犯効果」など
お客様のニーズに応じた各種性能も持ち合わせております。

是非この機会にご検討いただきますようお願いいたします。

今回はお仕事モードにてお送りいたしました。
たまにはこういう一面も見せとかないとですね(笑)




[ 2018/08/29 12:36 ] 仕事 | TB(0) | CM(0)

エース

台風19号によるフェーン現象の影響で、
昨日今日と気温がやけに高い長崎です。

今のところ台風による強風被害の心配はなさそうです。
但し油断は禁物ですので万全の備えをお願いしたいところです。

さて昨日熱戦に幕を下ろした第100回全国高等学校野球選手権大会。
全ての試合で盤石の強さを見せた大阪桐蔭高校が
史上初となる二度目の春夏連覇を果たしました。

もう憎たらしいぐらいの強さです。
漫画『ドカベン』の明訓高校にも匹敵するのではないでしょうか(笑)
この夏一番苦戦したのは北大阪大会の準決勝ぐらいですもんね。
各選手とも意識が高く野球頭脳もよさそうに感じます。
個人的にはあまり魅力を感じませんが・・・。

それよりもやはり今大会は金足農業高校につきます。
こちらは漫画『プレイボール』の墨谷高校という感じでしょうか。
吉田投手という稀代の絶対的エースを要して
強豪私立高校に挑んでいく姿に久しぶりにワクワク感を感じました。

特に3回戦で横浜高校を下した高橋選手の逆転スリーラン。
「ここで打てばなぁ・・・」と思った瞬間に飛び出した
文字通りの『起死回生』の一撃。
佐賀北高校の副島選手の一発に匹敵する興奮でした。

そして極めつけは準々決勝での逆転サヨナラツーランスクイズ。
無死満塁から斉藤選手が3塁側に転がした瞬間、
観ている私も思わず叫んでいましたよ、「二人行ける!」と。
それを横で聞いていた妻は何が何だかわからない様子でしたが。

画面に向かって私が叫んだ瞬間2塁走者だった菊池彪吾選手が、
自分の脚を信じて本塁ベースへ迷うことなく突っ込みます。
そして相手捕手のタッチをかいくぐる気迫のヘッドスライディング。
疲れの見える吉田投手に対する気遣いすら感じた、
千載一遇のチャンスをものにする最高のプレーだったと思います。

ちなみにこの試合で金足農業が挙げた得点は、
コレを含む2度のスクイズによる3点のみです。
実に高校野球らしい戦いぶりだったと思います。
ユニフォームは9人全員が真っ黒けですし。
私が墨谷高校とダブらせるのも納得ですよね(笑)

そして校歌斉唱の際の全力っぷり。
もうオヤジの心を鷲掴みですよ!(笑)

私が特定の高校を応援するのはホントに稀なことなのです。
それぐらい心に響いた地方公立高校の素晴らしい戦いぶりでした。

吉田投手についてはここでは多く語らないことにしておきます。
それでも彼を一言で表すとするなら
投球・打撃・守備・走塁全てのプレーでチームを引っ張った、
実に『エース』らしい『エース』であったということで。

それにしても今大会からは選手のお名前にも
『キラキラネーム』が増えてきたように感じました。
これも100回記念大会の節目として記憶しておきます(笑)





[ 2018/08/22 18:24 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

川添硝子

Author:川添硝子
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム